ベルリッツでビジネス英語を最大限に高める!ビジネス英語攻略のカギ

英会話スクールに行く前の教材

ベルリッツでビジネス英会話をやる前に読む話@ベルリッツ英会話


ベルリッツは数ある英会話スクールの中でも最大手です。ベルリッツでは教師を評価できて自分の指名できるのがいいです。とまあベルリッツはいいんですが、でも結構億劫になりがちです。周りに1年以上続く人っていません笑。そこで通わなくなる人もたくさんいます。あーもったいないでよねえ。30万とか50万とか。

ビジネスの英会話は戦争@ベルリッツ英会話


たとえベルリッツ通ってきれいな発音を話すことにとらわれて話しても、結果上手いだけで強くない。ビジネスの世界から遠ざかったやさしい外国人たちと練習してもだまされる日本人の大量生産になってしまいます。下手でも関係ない、ビジネスでは勝ち抜かなければなりません。そのいうメンタリティを身に着けることが大事です。

あなたの英語を注意深く聞いてくれるような人はビジネスにはない@ベルリッツ英会話


当たり前のことです。相手はじっくりと注意深く聞いてくれる人ばかりではありません。マンツーマンのベルリッツ英会話スクールにはたくさんの先生が”仕事”としてあなたの話を聞いてくれましたが、ビジネス英会話ではそんな優しい人ばかりではないはずです。やさしい英会話をやってくれる人なんて皆無といっても差し支えないと思います。

ビジネス英会話どうしたらいい?@ベルリッツ英会話


ベルリッツ英会話ではビジネスの話がわかる相手を極力探すべき。ビジネスで通用していた外国人の先生を探すべきです。そんな人あまりいないけど、でも探すべき!ビジネス英会話とは戦いである。スクールの英会話とは違うのです。

先生を見極めろ!@ベルリッツ英会話


とはいっても英語を話す機会の限られる日本では、ベルリッツさんのようなスクールは貴重です。実際なかなか見つからないので、要はいい先生を選び抜く、ということ。また英語の先生を自分仕様に変える、ということ。 これが重要です。

英語を習うより慣れろ!@ベルリッツ英会話


使いまわされた言葉ですが、これに勝るものは無いと断言します。是非慣れましょう!週一回習う英語で、きれいな英語を話せるようになる暇(時間)と柔軟性は、25歳を超えるとありません!

ベルリッツ英会話に行く前にするべきおすすめ教材@ベルリッツ英会話


英語コンプレックス解消法


英コンロゴ10060

大きなポイント

1.英語のコンプレックスが消える。

2.英語の発音や文法に気にしなくなる。

3.英語の声がでかくなる。


メンタル(筋肉)に負荷を与え、そのコツ(栄養)を取り、リフレッシュする(休養)、を繰り返して、英語交渉力を(持ち上げられる重さ)をあげていくことのこと。メンタル負荷(筋トレ)+元気の出るノウハウ(栄養)+英語を忘れてリフレッシュ(休憩)、の3セットを繰り返すことです。


英語後発組の人が、限られた時間内で英語力を上げるのにはこれしかない、と断言。!

YOUCANSPEAK




YOUCANSPEAK


大きなポイント

1.英語の全発想領域をカバーする175の要素が2496の文章の中にちりばめられている。

2.7秒、5秒、3秒、1秒反応で言えるように練習する。

3.習得した英語の量と質を目で確めることが出来きる。

同時通訳指導員Dr.キノシタが開発し特許申請した英語スピーキングに特化したEラーニングシステムで、確実に英語が話せるように仕組まれた世界唯一の学習法です(100%現金返済保証付─成果報酬に影響なし / YCS1級取得保証付)。中学校3年生〜TOEIC 900点以上の人達がスピーキング力をアップさせるために利用しています

スピードラーニング


スピードラーニング

大きなポイント

1.聞き流すだけで良いので、余計なストレスもかからず、リラックスしてできる。

2.10日間のお試し期間があるので、もし使ってみて気に入らなければ、無料で返却できる

3.脳を緊張から解きほぐすため、ゆったりとしたバックミュージックが流れる。


テキストは日常生活のあらゆる表現を網羅しているので、スピーキングやライティングの勉強にも活用できます。車の中で聞く場合は、シャドーイングするとより表現が身につきますよ!発音するという能動的な作業により、学習効果が高まるのです。

日常生活のあらゆる場面について取り扱っているので、聞くことを習慣にすると知らないうちにネイティブと意思疎通する力が養われます。(書いてあります)


ベルリッツへ準備完了!


準備が整いました。では早速、ベルリッツ申し込んでみましょう!、

posted by ベルリッツでビジネス英会話をマスターしたベルリッツ英会話好き! at 17:07 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。