ベルリッツでビジネス英語を最大限に高める!ビジネス英語攻略のカギ

アメリカがこれだけ譲歩したのに

北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の米首席代表、ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は15日、北朝鮮が核放棄に向けた初期段階措置に着手しないまま履行期限が過ぎたのを受け、「(履行を)ずっと待てるわけではない」と述べ、2、3日間、出方を見守った後、他の協議参加国と共同で対応していく意向を明らかにした。北京からワシントンに帰着し、空港で記者団に語った。
 北朝鮮が履行をさらに先送りした場合、議長国中国をはじめとする5カ国で連帯し、圧力を強めていく方針を示したものだ。ヒル次官補は「われわれは6カ国協議参加国と緊密に連携していく。単独の措置は取らない」と強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070416-00000037-jij-int

これだけアメリカが情報して北朝鮮としては一人勝ち的な感じを受ける核問題ですよね。これでも北朝鮮が動きを見せないとどうなるんでしょうか?中国があるからいきなり攻められないという難しい状況ですよね。

PR 英語オンライン講座
posted by ベルリッツでビジネス英会話をマスターしたベルリッツ英会話好き! at 14:38 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。