ベルリッツでビジネス英語を最大限に高める!ビジネス英語攻略のカギ

ベルリッツ英会話 ビジネス英語 メール術

ビジネス英語@ベルリッツ英会話 メール術

ビジネス英語@ベルリッツ英会話におけるメールの浸透
ビジネス英語においてメールが伝達媒体として使われるようになってずいぶんの時間が経ちます。メールは様々な情報伝達に用いられています。例えば、ビジネスの打ち合わせ確認、関係のメインテナンス、挨拶、議事録、ビジネスミーティングなどビジネスによって色々なメール活用法があると思います。

ビジネス 英語においても同様にメールを活用することが当たり前になっています。その時に気を付けなければいけないのは、ビジネス 英語の情報伝達媒体としてメールを使っているという意識です。ビジネス 英語メールは、形として残ります。ビジネス相手がアポイントの場所を確認するために見直すこともあります。前回のビジネスミーティングの内容を確認するために見直すこともあります。ビジネス 英語メールだからといってビジネス英語書類よりも軽く扱われる事がありますが、そんなことはありません。ビジネス 英語メールだからこそ、ビジネス英語書類よりもカジュアルな分、個々人の個性や性格、誠実さなどが伝わります。

ビジネス 英語のメールは特に英語が苦手な人であっても比較的抵抗無く書くことが出来ると思います。ビジネスの場合理由は、下記にある2つだと思っています。

メールの優位点
ビジネス英語@ベルリッツ英会話でのメールの優位点1 ・一方的な情報伝達
ビジネス英語@ベルリッツ英会話でのメールの優位点2 ・時間的な余裕

ビジネス英語@ベルリッツ英会話でのメールの優位点1として「一方的な情報伝達」が可能であるということが挙げられます。ビジネス英語ではなんでも好きなことを一方的に送っていいという事ではなく、ビジネス相手との相互的なやり取りがメールではリアルタイムで行われていないという事です。簡潔に説明するとビジネス相手に自分が伝えたいことを伝えることに集中出来る。そのため、発音だとかビジネス相手の背のでかさなどビジネスと関係なの無い要因を気にしないですみます。だからビジネス英語の苦手な人であっても余裕をもってコミュニケーションが出来ると思います。

ビジネス英語@ベルリッツ英会話でのメールの優位点2は「時間的な余裕」があるということです。ビジネス相手にメールを送るまでに好きなだけ(限度がありますが・・・)文法について悩み、単語を調べ、人に読んでもらうことが出来ます。その時間的余裕は商談の場とでは比較になりません。そのため、ビジネス英語でメールを書く際には冷静で自分の能力に応じた対応が出来ます。英語での会話を思い出して下さい。ビジネス 英語で商談なんて時に辞書を引き引き"I beg your pardon?"を繰り返すにも限度がありますよね。

この2点がビジネス英語でメールを使いこなすことで同僚やライバルとの差をつける秘訣になるんじゃないでしょうか?メールがキーです。
posted by ベルリッツでビジネス英会話をマスターしたベルリッツ英会話好き! at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルリッツでビジネス英語

ベルリッツでビジネス英語を最大限に高める!ビジネス英語攻略のカギ

ベルリッツ英会話 ビジネス英語電話の基本

ビジネス英語@ベルリッツ英会話 電話の基本

ビジネス英語の業務において欠くことの出来ないビジネス英語での電話対応。あなたは知らない間にビジネス相手を不快な気持ちにさせていませんか。
ビジネス英語での電話は会社全体のイメージを左右する「声の顔」です。ビジネス相手からは見えなくても、ビジネス英語では言葉遣いや口調で話し手の態度は不思議と伝わるもの。ビジネス英語においては正しい姿勢と明確な発音で、さわやかに対応することがポイントです。

ビジネス英語@ベルリッツ英会話での電話のかけ方
ビジネス英語で電話をかける前に、ビジネス相手の電話番号、所属、役職名、姓名を確認。用件と話す順序をメモにし、必要な資料があれば手元に置いておきます。
また、ビジネス相手の都合を考えて、出社前、昼食時、夜などの時間帯はできるだけ避けます。込み入った用件で電話が長くなりそうな時は、最初に「今、お時間をいただいてもよろしいでしょうか」と、あらかじめ了解をとります。
ビジネス相手宛に伝言を頼む場合は、ビジネス用件の復唱と取り次ぎの相手の名前も必ず確認しておきます。

ビジネス英語@ベルリッツ英会話での電話の受け方
3回以内の呼び出し音で出るようにし、「はい、○○社○○部でございます」と会社名・所属名を名乗ります。ビジネス英語で電話を取るのに時間がかかった場合は「お待たせいたしました」と一言添えます。
ビジネス相手の名前はしっかり確認します。
ビジネス相手が名乗らない場合は「失礼ですが、どちら様でいらっしゃいますか」と言って確認します。
ビジネス英語電話を代理で受けた場合は、伝言の内容はもちろん、ビジネス英語で電話を受けた時刻、相手の社名・名前、電話番号などを必ずメモにして、直接本人に渡すこと。口頭で伝えるのは間違いのもとです。

上記は分かりやすく日本語にしていますが、実際にはもちろん英語で。
posted by ベルリッツでビジネス英会話をマスターしたベルリッツ英会話好き! at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルリッツでビジネス英語

ベルリッツでビジネス英語を最大限に高める!ビジネス英語攻略のカギ

ベルリッツ英会話 ビジネス英語例文 プレゼンテーション

ビジネス英語@ベルリッツ英会話 例文

 ビジネスの中でとても大切なものがプレゼンテーション能力だと言われています。プレゼンテーションは日本教育の中ではあまり訓練されてこない能力のひとつだと指摘されています。しかし、実際に社会に出るとプレゼンテーションを行なう機会は多いと思います。ビジネス英語のプレゼンテーションの際に使う文を紹介します。

ビジネス英語@ベルリッツ英会話 例文1 Today, I'd like to introduce to you about ~
 本日私が紹介したいと思っているのは〜。

ビジネス英語@ベルリッツ英会話 例文2 As I menthioned before,
 先に述べたように〜

ビジネス英語@ベルリッツ英会話 例文3 As shown in this table, ~
 この表に示されるように〜

ビジネス英語@ベルリッツ英会話 例文4 You can see from this figure.
 この図から分かるように〜

ビジネス英語のプレゼンテーションにも例文が多くあり、決まり文句として良く使われるものがあります。それを参考に伝わりやすいプレゼンを行なう事が出来るでしょう。
posted by ベルリッツでビジネス英会話をマスターしたベルリッツ英会話好き! at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルリッツでビジネス英語

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。